医療過誤 大阪の弁護士が最新の医療過誤情報を提供しますj。 本文へジャンプ
医療過誤の手続きの流れについて


2009年08月30日(日)
このページでは,医療過誤事件の流れを説明します。
トップページ証拠収集
証拠収集
(1) 診療録等の開示請求
(2) 診療録等の証拠保全

医師との相談

医師の意見書の徴収

勝訴の見込みの検討

訴状の提出

第1回口頭弁論

弁論準備手続き

証拠と調べ(証人尋問)

鑑定

判決(和解でこの段階までに終了する場合があります。)

控訴(第1審判決に不服の場合)

概ね,医療過誤・医療事故の手順。流れについては,このようになっています。
個別の内容については,それぞれのページで説明します。
イメージ サイト管理者
南森町佐野法律特許事務所

弁護士 佐野隆久



南森町佐野法律特許事務所
大阪市北区天神橋2丁目5番25号若杉グランドビル7階
電話 06−6136−1020
FAX 06−6136−1021

最寄り駅 地下鉄 南森町
       JR東西線 大阪天満宮駅
JR3番・地下鉄4a出口 東へ約100メートル
黒っぽいガラス張りのビルです。

なお、医療過誤事件は、弁護士にとっても、非常に労力を要する案件なので、医療過誤に関する法律相談は、死亡事故や重大な後遺症の残った事案に限らせていただいています。

また,
歯科及び美容整形については,取り扱っておりませんので悪しからずご了承ください。

   

Copyright © 2008- 佐野隆久 All Rights Reserved.