【弁護士が教える対処法】任意保険

大阪・交通事故NET

交通事故のご相談は南森町佐野法律特許事務所まで
06-6136-1020まで 受付時間:平日午前9時30分から午後5時30分
メールでのお問い合わせはこちらから

11 任意保険


任意保険は、自賠責保険でカバーすることができない損害賠償責任を対象とするものです。これらは自賠責のように加入を義務付けられているものではなく、被保険者が任意に契約する保険であるため、任意保険と呼ばれています。

任意保険には、自動車1台ごとに締結するものと、自動車を保有していない運転者につい締結するもの(ドライバー保険)とがあります。
また、対象となる事故の態様に応じて、対人賠償保険(他人の生命・身体を侵害した場合)、対物賠償保険(他人の財産を侵害した場合)、自損事故保険(他人の介在しない事故によって被保険者の身体が害された場合)、無保険車傷害保険(保険に加入していない相手方の自動車によって損害が発生した場合)、搭乗者傷害保険(被保険自動車に搭乗中が事故等によって死傷した場合)、車両保険(被保険自動車が盗難等に遭った場合)、人身傷害補償保険(被保険者の親族等が事故によって負傷した場合)があります。


任意保険は、交通事故により、損害があれば、保険契約締結の際の限度額まで支払われます。
酒酔い運転および酒気帯び運転中の事故は、対人および対物の保険金は支払われますが、搭乗者および車両保険金は、免責事由となっていて、支払われません。


酒酔い運転とは、「酒に酔って正常な運転ができないおそれのある状態」です。道路交通法で、酒酔い運転および酒気帯び運転とも処罰されます。
最近の判決の中には、3億円近い損害賠償を認めた判決もあるので、出来るだけ、対人は無制限としておくことをお勧めしておきます。




交通事故に関する質問・相談
Q1.
私は以前交通事故に巻き込まれてしまい現在も病院で治療を続けています。
人身事故に遭った際休業損害が求められるとのことでしたので私も請求を行うつもりでいます。
それに関しまして基礎収入という言葉があるのですがこれは一体どのような意味を表しているのでしょうか。



Q2.
夫の死亡事故による慰謝料請求について
先日夫が車にはねられ死亡してしまいました。
正直ショックを隠しきれないままでいるのですが今は自分のやるべきことから始めていこうと思います。
まずは慰謝料を請求してみようと思うのですがこの交通事故の場合ですとおよそどのくらいの慰謝料を請求することができるのでしょうか。



Q3.
逸失利益について
以前交通事故が発生し被害者の一人が死亡するというニュースが流れていました。
当然被害者の家族は多額の慰謝料を請求したのですが、その際逸失利益という言葉が使われているのを聞きました。
この逸失利益というのは一体どのようなものなのでしょうか。



このようなご質問・ご相談は南森町佐野法律特許事務所へお任せください。
電話番号:06-6136-1020
当サイトは、『南森町佐野法律特許事務所』の監修で製作されています。
南森町佐野法律特許事務所』へのアクセスは大阪市営地下鉄・谷町線、堺筋線が便利です。
南森町佐野法律特許事務所への地図
南森町佐野法律特許事務所
TEL: 06(6136)1020 FAX: 06(6136)1021